ゆう推拿整体院

0463-36-3174
営業時間8:30〜20:00(最終受付19:00 水曜定休)

文字サイズ

当院について

国際按摩推拿師が中国伝統手技である”推拿(すいな)療法”により、あなたを快方へと導きます。

痛みのないソフトな施療です。

推拿(すいな)とは

中国の伝統療法
漢方、鍼灸と並ぶ中国三大療法のひとつで、日本では「中国式整体」と呼ばれています。 「推」には手を一方向へ押し進めるという意味があり、「拿」にはその押し進めた手で掴みあげるという意味があります。 体をもむ、押す、転がす、震わせる、伸ばすなどの手技を用いて気と血液の流れを整え、腱、骨、関節の機能を改善します。 似た施術として按摩(あんま)や整体などが挙げられますが、推拿はよりメディカルな意味合いが強く、 本場中国では疾病の治療手段として、病院などの医療機関で推拿が用いられているといいます。

数多くの手技を備え幅広いケアに対応
推拿は薬や鍼などの医療器具を使用せずに行う手技です。 手技療法は大きく分けて、マッサージのように軟部組織に働きかけるものと、 カイロプラクティックのように骨関節部に働きかけるものの二種類になるといわれています。
推拿はその両方を兼ね備えていることから他の整体法と比較して多数の手技を持ち、 組み合わせにより体質や症状に合わせてさまざまな施術を行うことができるのが特徴です。
推拿は筋肉、軟部組織や骨盤、関節などの調整力に優れており、 血流や気(体のエネルギー)の巡りを良くし、代謝を高め、体が本来持つ自然治癒力を高めることで、 体の不調を解放します。体の芯から疲れが改善され、自然治癒力の向上による不調の予防効果、 高い即効性を持つと言われています。

中国王族に愛されてきた推拿

NHK BSプレミアム『偉人たちの健康診断』~西太后 悲しき悪女のアンチエイジング~ で推拿が紹介されました。
番組では19世紀、中国・清朝末期の実権を握り続けた女帝『西太后』が更年期障害に悩まされていた事や、 若さと健康を保つために専属の推拿師を持ち、常に健康への配慮を怠らなかったことなどが紹介されていました。
また、中国では大学病院に内科や外科と同じように推拿外来があることも紹介され、上海で有名な小児推拿の「海派小児推拿 金義成老中医」 が紹介されていました。 金先生は「推拿はツボを刺激することで治癒力を高め、病気に強い体を作る」 「推拿はあらゆる分野に有効で内科・外科・婦人科・小児科など色々な患者さんを回復させる」と話をしていました。 (写真は中日合作テレビドラマ「蒼穹の昴」より、西太后役を演じる田中裕子さん。あれだけの付け髪をしていた当時の女性は首痛や肩こりに悩まされていたことでしょう)

現代中国ではアスリートの体調管理に取り入れられている
現代中国では、オリンピック選手・アスリートたちのスポーツ障がい予防のために推拿療法を取り入れています。
中国陸上の大御所「馬軍団」を率いる馬先生も、自ら推拿のスペシャリストとして選手の管理予防を行っています。


吸い玉療法について

慢性的な疲労には効果抜群

吸い玉療法
吸い玉療法は中国伝統の療法で、庶民が気軽に自宅でできる簡単で効果の高い療法です。 慢性的な疲労には効果抜群です。 腰痛、肩こり、内臓の調子が悪い、生理不順、ふくらはぎの浮腫み、等幅広く対応できます。 当院では、推拿療法と合わせて施術することをおすすめしています。
注意:施術箇所に丸い跡が残りますが、1週間ほどで消えます

推拿療法とセットは60分→5,000円です。

刮痢(かっさ)療法
皮膚を擦ることにより、皮膚下の血管の老廃物や瘀血(おけつ)を取り除きます。疲労回復、健康促進、免疫力向上にも役立ちます。